タキシード

男性の正装

結婚式でウェディングドレスを着用する花嫁に合わせて、花婿も服装を揃える必要があります。純白のウェディングドレスに合わせる服装は、純白のタキシードが一般的です。
ビジネス場面で着用するスーツは結婚式のような式典にはふさわしくありません。結婚式の主役ともなれば、タキシードを着用して招待客にお披露目することがマナーです。
白いタキシードは一見すると派手に見える服装ですが、常に花嫁の隣にいるので華やかに見えます。明るい洋服なので、顔色も明るく見えることが特徴です。
ウェディングドレスをレンタルするときに、一緒にタキシードも選べるので、コーディネートしながらお揃いの1着を選ぶとよいでしょう。

日本的な袴

外国での結婚式はウェディングドレスにタキシードが一般的ですが、日本の伝統的な結婚式を挙げるなら袴がおすすめです。
花嫁は白無垢と呼ばれるウェディングドレスの着物バージョンを着用します。日本では昔から伝統的な服装として、新郎新婦に着用されてきました。
日本の民族衣装として存在する着物は、夏祭りなどに着用する浴衣のほかに袴があります。袴は祝いの席で着用する服装です。
伝統的な家元で代々受け継がれている袴ですが、一般家庭だと所有しているところが少なくなっています。
袴を結婚式に着用する場合は、こちらもレンタル衣装の専門店で選べます。袴や帯、下駄などトータルでレンタルできるので便利です。
下駄を履くための足袋も、店舗で販売しているので足のサイズにあったものを購入できます。